早期退職や50代で転職を決断する前に。ねんきんネットの簡単な使い方

公開日:   最終更新日:2017/11/17

私も人生が後半に差し掛かり、老後の第二の人生を考える歳になってきました。
そんな老後の人生設計をするとき、大切なのが年金です。
日本年金機構から送られてくる「ねんきん定期便」には、定年の60歳まで働いた場合の年金額が記載されていますので、貰える年金額を把握することができます。

それでは、早期退職しての楽隠居や、自分の夢のために転職や起業をする場合、年金額はどうなるのでしょうか。
貯蓄額の目標や、やりたいことの準備とともに、将来もらえる年金額のシミュレーションも行っておくことをおすすめします。

日本年金機構のホームページにある「ねんきんネット」を使えば、簡単に年金額のシミュレーションを行うことができます。

ねんきんネットで年金額をシミュレーションする方法

まずは、日本年金機構のホームページから、ねんきんネットへ移動してログインします。

登録がまだの方は、先に登録が必要です。
ねんきんネットのトップページのメニューから、「「ねんきんネット」に登録するには?」を選んで利用登録を行ってください。
複雑な計算をすることもなく、簡単にシミュレーションをすることができます。
便利な時代になったものです。
まだ登録されていない方は、ぜひこの機会に登録しましょう。

すでに登録されている方は、お持ちのIDとパスワードでログインしてください。
ちなみに、自宅でインターネットを接続されている多くの方は、IPアドレスが固定されていませんので(プロバイダによりますが)、

「ねんきんネットへ前回アクセスされた際の端末環境やネットワーク環境などが異なるため、ご本人様からのアクセスであることを確認させていただきます。」

という画面が出てきて、毎回「秘密の質問」に答えなければなりません。
「秘密の質問」は、簡単に答えられる質問で、入力の楽な答えを用意することをおすすめしておきます。

無事ログインできたら、いろいろな情報やメニューが表示されます。
興味があればいろいろと見て回っても構いませんが、通常必要になるのは、「年金見込額試算」だけです。
ここはさっさと「年金見込額試算」へと急ぎましょう。

ここで、注意点がひとつ。
ログイン中は、ブラウザの「戻る」ボタンや「更新」ボタンを押してはいけません。
その都度、「【ログアウトして、再度ログイン】ボタンを押し、ログインしなおしてください。」と怒られてしまいます。
そして、いちいち再ログインすることになってしまい、面倒な思いをすることになります。

とりあえず「かんたん試算」を行ってから、今退職したらいくら貰えるかをシミュレーション

「かんたん試算」という便利なものが用意されているので、何はともあれこれを利用します。
直近の支払い保険料が記録されており、そのままの金額で60歳まで同じ職場で働くとしたシミュレーション結果が表示されます。
一旦、このシミュレーションの結果をメモしておきます。
すでに今後の給与や賞与が変わることが分かっている方は、【試算条件の修正】から条件を修正しましょう。

次に、今退職したら、いくら貰えるのかをシミュレーションします。
もちろん、退職したい年月日を何パターンも入力してもいいのですが、それも大変ですので、直近の退職日のみをシミュレーションして後は計算で済ませます。

・就業期間の月数は「11か月」のままで、現在年齢を入れる
・「加入期間をさらに追加」を選び、
・今後の職業を「退職により無職」
・国民年金の納付種別は「定額保険料のみの納付」
・収入をゼロとして、
・就業?の期間を「(現在年齢+1)歳 0ヶ月から 59歳11ヶ月まで」とします。

国民年金任意加入の欄は、「分からない」のままで大丈夫です。
入力を終了して、「試算開始」を押しましょう。
これで直近の誕生月の前月まで働いたとしての、年金額が試算できました。

この金額も、メモしておきましょう。

何歳まで働けば、いくら貰えるのかをシミュレーション

60歳まで働けば、いくら貰えるのかが分かりました。
すぐ退職すれば、いくら貰えるのかも分かりました。

あとは、エクセルか電卓かで計算しましょう。

・60歳年金額-すぐ退職の年金額=定年まで在職すれば「増える年金額」
・「増える年金額」÷定年までの年数=「1年在職すれば増える年金額」
・すぐ退職の年金額+「1年在職すれば増える年金額」=1年後に退職の年金額

という具合です。
例えば、60歳まで働けば180万円(年額)、現在53歳で54歳になる前月退職なら150万円であるならば、

・定年まで在職すれば「増える年金額」は、180万円-150万円=30万円
・「1年在職すれば増える年金額」は、30万円÷(60-54)=5万円
・1年後退職(55歳になる前月退職)の年金額は、150万円+5万円=155万円

になります。
これを表にすると、

退職年齢 年金額(65歳から受給)
・54歳 150万円
・55歳 155万円
・56歳 160万円
・57歳 165万円
・58歳 170万円
・59歳 175万円
・60歳 180万円(年額)

となります。
この年金額に、配偶者の年金額や貯蓄の取り崩し、起業やバイトでの収入などを加算すると、老後生活における1年間の収入が見えてきます。

しっかりとシミュレーションして、老後に備えましょう。
>> PC不要、脳内でできる!かんたん老後シミュレーション「年間240万円」


応援ありがとうございます→ にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

スポンサーリンク

関連記事-こちらもどうぞ

この記事へのコメントはこちら

ご意見、ご指摘などがございましたら、こちらにお寄せください。ただし「その他登録社労士」という立場上、必ず承認・返信するとは限りませんのであらかじめご了承ください。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。コメントを承認しても、メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。