そしてまた明日は月曜日。早すぎるぞ一週間!というのは幸せなのかも

公開日: 

最近、仕事がいそがしいのかもしれません。

仕事というのは、私の今の生活を支えているサラリーマンの方です。
「その他登録である社労士や、ほとんど稼げてもいないブログも仕事のつもりなのか?」というもう一人の私からのツッコミは、この際スルーしておきます。

いそがしい「のかもしれない」と他人事なのは、あれよあれよという間に一週間が終わってしまって、自分でもよくわからなくなってしまっているからです。

さあ月曜日、朝起きて会社に行って帰って寝て、また会社に行くことの繰り返し。
あれもやらなきゃ、次はこれですか。
もうその仕事は明日でいいや、と昨日も同じセリフを言ったような。

そうして、へとへとになった金曜日の晩、「もう週末か~」と気付きます。
へとへとになるほどの激務では全くありませんが、身体の衰えは隠せません。
周りからは、マイペースに仕事をこなしているように見えるでしょうが、自慢じゃありませんが人一倍体力はありません。

そうして迎えた週末はバタンキュー(←古っw)。
重い腰を無理やり上げて、あれもしなきゃ、これも考えなきゃで、あっという間に土日が終わってしまいます。

最近、時の流れが早くなっているような気さえします。

未来の準備が進まない。単に焦っているだけなのかも

「歳を取ると時間が短く感じることを、ジャネーの法則と言うんだよ」って、そういう話ではありません。

ちなみに「ジャネーの法則」というのは、「5歳児の1年間は人生の5分の1だが、50歳の1年間は人生の50分の1にすぎない。だから短く感じるんだよ」みたいなことです。
これはこれで理解できるのですが、もちろんそんな話じゃありません。

考えがまとまらず、先へ進めず、焦ってばかりです。
だから、あっという間に一週間が過ぎてしまいます。

考えなきゃならないこと、たくさんあるな!

最近、体調が思わしくありません。

疲れが取れないのことが原因だとは思いますが、今の私はデスクワークが中心の軽労働。これより楽な仕事はたぶんありません。
完全週休二日で残業はほとんどなし、という恵まれた仕事が無理ならば、働くこと自体ままなりません。
ふつうのサラリーマンに短時間労働なんてありません。100かゼロかの二択です。

「稼げるだけ稼いで、限界が来る前に早期退職」が私の夢ですが、さすがに少しは身体も鍛えなきゃ、ということで今さらながら、朝の散歩を始めました(土日限定^^;)。

しかしこの「朝の散歩」、持ち物が多くて困ります。
家の鍵と小銭入れは絶対必要としても、腕時計を持たない私は携帯電話くらいは持っていたい。
コンビニに寄るかもと考えると、老眼鏡がなければ値札すら読めない。
持ち歩かなければならない常備薬もあったりします。

ポケットに全部入らないけど、ウエストポーチみたいな洒落たものは持っていません。
仕方なく遠出はあきらめて、マンションの周りをグルグル・・・なんとかしなくちゃ!

ということで、カバン(ポーチ)の類をアマゾンで探しているうちに、今回の土日が終わってしまいました・・・って、私はいったい何をやっているのやら。

でも、まじめに早期退職に向けての計画なんかも立てていましたよw

そして着々と退職の日が近づいてくる。これはサラリーマンにとっては幸せかもw

サラリーマンには、定年というものがあります。

この定年を、「まだまだ働きたいのに強制的に追い出される」と感じる方もいれば、「やっと大手を振って仕事を辞められる」と楽しみにされている方もいるでしょう。

私は、早期退職さえ視野に入れていますから、「早く辞めたい派」のひとりです。
今すぐ辞めては生活そのものが成り立ちませんから、もう少しは稼がなくては何ともなりません。
時間が過ぎれば、働いて稼ぐことができれば、その分私の退職日が近づきます。

そんな私ですから、時間が早く過ぎていくのは大歓迎ですw

う~ん、本当にこれで大丈夫かな?
ひょっとしたら、後悔するのかも^^;


応援ありがとうございます→ にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

スポンサーリンク

関連記事-こちらもどうぞ

この記事へのコメントはこちら

ご意見、ご指摘などがございましたら、こちらにお寄せください。ただし「その他登録社労士」という立場上、必ず承認・返信するとは限りませんのであらかじめご了承ください。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。コメントを承認しても、メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。