簡単仕訳帳に預金口座と総勘定元帳をプラス。これで会計だけは完璧!

公開日: 

開業社労士は、個人事業主です。
個人事業主なら日々の経理や確定申告まで、ひとりでやらなければなりません。

もともと会計ソフトなんかを導入する気はありません。
定年後の開業、しかもガンガン営業する気もありません。
それなら売上なんて、たかが知れています。

それなら経理なんて、エクセルだけで十分です。
>> 複式簿記を始めよう!副業以下の「事業ごっこ」ならエクセルで十分?

そんな私が出会ったのが、「簡単仕訳帳」でトクする青色申告という本です。

この本では、個人事業主は事業用のサイフを持つ必要はない。
入金も出金もすべて、事業主さん個人が勝手にやってくれる。
個人事業の会計に、現金も預金も買掛金も売掛金もいらない。

専門用語で言えば、すべて「事業主勘定」で済ませるという画期的な方法です。

あまりに簡単すぎるから。普通預金残高くらいは知らないと

私はこのまま「簡単仕訳帳」を使い続けるつもりでした。
>> 「簡単仕訳帳」が本当に簡単。気楽な個人事業主なら会計ソフトはこれ

ひとつだけ気になっていたのは、

「本当にこれで、青色申告特別控除65万円が受けられるのだろうか」

ということです。

「使っていますよ~」という声は聞きますが、
「65万円の控除です」という話は知りません。

青色申告会で、「この方法でやってもいいですか?」と聞かれた方がいました。
「これでは複式簿記の意味がなくなるんじゃないかな?」と言われたそうです。

この本を書かれた方や、直接指導を受けた方なら、

「いやいやさすがは先生、確かにおっしゃる通りですなw」

と言われて、そのまま通してもらえるのかもしれません。

でも私みたいな素人では、税務署の担当者次第でどうなるのかわかりません。
「前例がないからこれでは困る」と言われたら、言い返す言葉はありません。

それよりも何よりも、困ったことがありました。

せっかく事業用の口座を作ったのに、残高がわからないと困りますね

複式簿記で記帳するのは、青色申告特別控除だけが目当てではありません。
もっとも私は、最初はそれだけが目当てだったのですがw

せっかく事業用の口座を作ったのに、その残高が通帳記帳するまでわかりません。
>> フライング気味に事業用口座を作りました。個人事業主なら信用金庫!

これでは本末転倒です。
複式簿記は本来、事業の状態を正確に把握するために行うもののはずです。

「個人事業主は事業用のサイフを持たない」とすれば、確かに記帳は簡単です。
でも私はすでに、事業用の口座を作っています。

それならそれで、口座残高はリアルタイムに把握したい。
売上はもちろん、売掛金も未払金もちゃんと把握したい。

・・・ということで、簡単仕訳帳に普通預金をプラスしましたw

それならいっそ、「総勘定元帳」も作りましょう

複式簿記では、「仕訳帳」と「総勘定元帳」の二つが主要簿とされています。
「簡単仕訳帳」では、「総勘定元帳」が簡略化され省略されているのも気懸りでした。

・・・ということで、簡単仕訳帳に「総勘定元帳」もプラスしましたw

これで私の会計システムは、エクセルだけで完結しそうです。
まだまだ改良の余地もありますが、何とかなりそうです。

青色申告特別控除のために、イヤイヤ複式簿記をするのではありません。
日々の入出金や財務状況を正確に把握する仕組みが、できつつあります。

後はちゃんと開業して、売上を増やすだけなのですが・・・。

あいかわらずどうでもいい所から、着々と開業準備は進んでいますw


応援ありがとうございます→ にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

スポンサーリンク

関連記事-こちらもどうぞ

コメント一覧

  1. アバター 池田隆宏 より:

    こんばんは。池田です。
    着々と準備が進んでいますね。

    個人事業だと全部自分でやることになりますね。
    「「簡単仕訳帳」でトクする青色申告」、読んでみたいと思います。
    確かにエクセルでほとんどのことはできてしまいますね。

    当然ブログ全部を読みきれていませんが、
    大変参考になっています。ありがとうございます。

    また、コメントさせていただきます。

    よろしくお願いします。

    • その他登録の社会保険労務士 その他登録の社会保険労務士 より:

      池田さん、こんばんは。
      いつもありがとうございます。
      進んでいるのは準備だけですがw

      青色申告、したいですよね。

      そういえば、来年早々の倫理研修の案内が届きました。
      私にとっては二回目の倫理研修です。
      たぶんまた記事にしますので、よろしければまたのぞいてください。

      こちらこそ、今後ともよろしくお願いします。

この記事へのコメントはこちら

ご意見、ご指摘などがございましたら、こちらにお寄せください。ただし「その他登録社労士」という立場上、必ず承認・返信するとは限りませんのであらかじめご了承ください。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。コメントを承認しても、メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。