5年に1回の県社労士会会員証の更新。今度はちゃんとした写真を準備

公開日: 

来年早々に行われる5年に1回の倫理研修、その案内がついに来ました。
>> 5年ぶりの倫理研修がもうすぐ。その他登録丸6年、2回目の研修です

この倫理研修は、私が社労士として外出し、そして人に会う唯一の機会です。
実に、5年ぶりですw

そして、この倫理研修に合わせて行われる一大イベント?が、

「県社会保険労務士会会員証の更新」です!

5年間使うものだから、今度は写真もちゃんとしないと

私が社労士として登録したのは、平成24年の暮れのことです。
それから1年ちょっと経過した平成26年の始めに、初めての倫理研修を受けました。

このときにも、もちろん会員証の更新がありました。

5年前の事ですから、最初の会員証に使われていた写真のことは覚えていません。
でも、私の事ですからたぶん、「社会保険労務士証票」と同じ写真だったのでしょう。

「社会保険労務士証票」とは、全国社労士会連合会が発行する「一生もの」です。
一生ものですから、更新はありません。
この証票に貼ってある顔写真が、これがまた・・・

その写真は、登録の時に自ら持ち込んだものです。
一生ものだと知っていたら、ちゃんと選ぶのでしたw
などと悔やんでみても、もちろん後の祭りです。

登録のために県社労士会へと向かう朝、駅のスピード写真で撮った眠たそうな顔。

はい、ちょっと失敗です^^;
これから登録される方は、お気を付け下さいw
>> 社労士の証、社労士七つ道具。その他登録でも勤務登録でも持てますよ

その失敗は何も生かされず、、前回の会員証更新も駅のスピード写真。
しかも同じ機械で、今度は会社帰りのつかれ果てた顔。

「その他登録だし、会員証を見せる機会もないからまあいいかw」

と思っていたら、本当に一度も人に見せることはありませんでしたw

でも、今度の更新は違います。
そのまた次の更新までに、開業するつもりですからw
ちゃんとした写真にしておかないと恥ずかしい。

と言っても、開業しても見せる機会なんて、ほとんどありませんけどね。

それに、ちゃんとした写真でも、たいした顔じゃありませんしねw

今回はスマホでの自撮りにチャレンジ!3日かかりましたw

さて、証明書の写真を用意する方法は大きく分けて3種類です。

  1. 写真館でプロに撮ってもらう
  2. スピード写真(駅前とかにある写真自動販売機?)
  3. デジカメやスマホでJPEGを準備

まず、1番目の写真館は問題外。
きちんと美しく修正までしてくれるらしいけど、大きなお世話です。
シワやシミがあったって別にいいです。
写真だけ修整しても、実物がたいしたことないからどうしようもありません。
こんなところにお金をかける気にはなりません。

2番目のスピード写真も止めておきましょう。
同じ失敗を、3回も繰り返すようでは大丈夫かこいつは、ですねw
私だっていい大人、少しくらいは学習します!

ということで、スマホでの自撮りにチャレンジしました。

JPEGのデータをメールで送信!これでいいのかな?

スマホで自撮りするだけで何をおおげさな・・・

って思いましたか?

写真は苦手、デジカメさえ持っていない私です。
自撮りするなんて生まれて初めてです。

最近勤務シフトが変わって、会社にひとりでいる時間が増えたのが、これ幸いw
自宅でスーツを着る趣味はありませんから、会社で撮りましょう。

月曜日、スマホを取り出し、前面カメラに切り替えて、タイマーを設定して・・・
そうですか・・・
前面カメラだとフラッシュが焚かれないんですね、って素人丸出しです。
笑顔を浮かべたり、ちょっと斜めを向いたり、32枚も撮りましたw
でも、「何を緊張しているんだ私は」ってツッコみたくなるこわばった顔ばかり。
・・・失敗です^^;

火曜日、少し慣れてきて自然な顔ができるようになりましたw(←かな?)
これでいいかと思ったいたら、胸に社章&ポケットに老眼鏡。
修正して消してしまえばいいけど、どうしようか。

ということで水曜日に撮り直して、もうこれでいいかw

あんまり5年前のスピード写真と変わりばえしないかも。
スピード写真代が700円浮いたから、まあ良しとしましょう!

県の社労士会にメールを送って、はいOKです。
5年後こそは、いい写真を送ります!

メール、ちゃんと届いたかな・・・?


応援ありがとうございます→ にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

スポンサーリンク

関連記事-こちらもどうぞ

この記事へのコメントはこちら

ご意見、ご指摘などがございましたら、こちらにお寄せください。ただし「その他登録社労士」という立場上、必ず承認・返信するとは限りませんのであらかじめご了承ください。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。コメントを承認しても、メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。