残業削減で残業代が減り、生活が苦しくなっても長い目で見てガマンする

公開日: 

政府の働き方改革の下、各企業が懸命に残業削減に取り組んでいます。
急速な残業削減により残業代が減り、給与の手取り額が大きく減った方もいらっしゃるでしょう。

「これじゃ生活できない!」と叫びたい方もいるかもしれません。

家庭で不満を口にしたり、会社の同僚と愚痴りあうのも、まあいいでしょう。

でも、あまり大きな声で周囲の方に不満を漏らすのは止めましょう。
残業削減で生活が苦しくなるという方は、もしかしたら恵まれているのかもしれないからです。

残業削減で残業代が減り、生活が苦しくなるのは、ひょっとしたら今までが恵まれていたのでは?

いろんな会社、いろんな方がいますので、一概には言えませんが、ひとつだけはっきりしていることがあります。
それは、

・残業代が減って生活が苦しくなっても、だからといって簡単に今の会社を辞められない

ということです。

生涯賃金や将来性、自分のやりたいことなどを考えて転職するというならなら賛成しますが、短期的に残業代が減ったことだけでは「会社を辞める」という決断には至らないのが普通でしょう。

それならせめて、前向きに考えましょう。
「残業削減に取り組めるのも、会社に余裕があるから」、とは思えませんか?

・残業削減で残業代が急に減って生活が苦しい

・いままでは残業代がちゃんと支払われていた

・会社には残業代をしっかり払える余裕がある

・今の世間の流れに取り組むことができる、更なる余裕もある

・私は、将来を見据えた良い会社に入った

無理やりでもなんでも、いい方向に考えて前向きにとらえましょう。

・残業代がまともに支払われていない会社も、少なからずあります。

・日々の売上に必死で、業務外のことに取り組む余裕のない会社もたくさんあります。

「残業削減で手取りが急に減って、生活が苦しくなった」という愚痴は、聞きようによっては、

・「資金に余裕があり、この先も安心して働ける会社に勤めています」

と聞こえるかもしれません。

長時間労働を続けていると、それが当たり前になってしまいます

若い頃は無理して長時間労働ができていても、身体は悲鳴をあげていることもあります。
残業代が減って、今の暮らしが急に苦しくなっても、それは一時的なものです。

先は長いのです。

自分の身体のために、「少しブレーキをかけてもらった」と考えましょう。

急に残業が減って、余った時間で何をする?

こちらの方が、むずかしい問題かもしれません。
手にする残業代が減っていては、ぱあっと遊ぶこともできないかもしれません。

たまにはゆっくりして、今までを振り返ってみるのもいいでしょう。

家族に、友人に、趣味に、自己研鑽にと、いろいろなことに時間を使ってみてはいかがでしょうか。


応援ありがとうございます→ にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

スポンサーリンク

関連記事-こちらもどうぞ

この記事へのコメントはこちら

ご意見、ご指摘などがございましたら、こちらにお寄せください。ただし「その他登録社労士」という立場上、必ず承認・返信するとは限りませんのであらかじめご了承ください。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。コメントを承認しても、メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。