個人事業主にクレジットカードは不要。経費の支払いは個人のカードで

個人事業主にクレジットカードは不要。経費の支払いは個人のカードで

公開日:   最終更新日:2018/08/12

社労士として開業もしていないのに、昨年11月に信用金庫に事業用口座を作りました。
>> フライング気味に事業用口座を作りました。個人事業主なら信用金庫!

事業用口座を作ったら、次はクレジットカードです。
口座開設の顛末記事の中で、
「この勢いで、次はクレジットカードを作りましょう!」と宣言しましたが、そのまま年も明けて、早くも2月です。
もうすでに「この勢い」は全く感じられませが、そろそろ動かなければいけません。

別に、独立開業の日が決まったわけではありませんよ。
レンタルサーバーの代金引き落としの日が迫ってきたからです(5月です)。

このブログがある日突然、落ちてしまっては困りますからね。

クレジットカードは、事業経費の支払専用に1枚用意する

会社で経理をしている方や、その近所にいる方ならご存知でしょう。
できれば事業でクレジットカードは使いたくありません。

会計は、基本的に発生主義です。
発生主義では、お金が動いた日にちではなく、日にちを記帳します。
発生主義とは、お金のやり取りのとは関係なく、実際に売買を行った時点を計上します。
携帯電話代でもネットでの買い物でも、銀行引き落としや振込なら同時に処理できますが、クレジットカードではそうはいきません。

まだお金を払っていないということで、「未払金」が出てしまいます。
そしてふつうは翌月に、銀行引き落としされます。

記帳が面倒です!
それに「領収書」も発行されません。

ポイントの扱いは?なんて考えたらやってられません。

それでも経費の支払いに、クレジットカードは必要だから

それでもクレジットカード、必要ですよね。

レンタルサーバーや、Amazonでのお買い物など、いちいち振込みなんてしていられません。
携帯電話や各種サービス、銀行引落しよりカード払いの方が便利なものはたくさんあります。
そもそも「カード払いのみ」なんてものまであります。

そんなときは、個人で払って「事業体」さんに貸してあげましょう。
事業を行う「事業体」は、あくまでクレジットカードを持ちません。

個人事業主に事業用のクレジットカードはいらない。事業専用に1枚用意すればいい

ややこしいですが、「事業」としてのカードはいりません。
事業主が一個人として1枚、事業専用に持っておけば十分です。

専用のカードとするのは、後から事業経費の流れを把握しやすくするためです。

  • ただしあくまで、「事業とは関係ない個人」として使います
  • 買物をしたとき(経費を払ったとき)は、「事業主さんから借りて支払った(事業主借)」

として処理をしましょう

つまり、「個人カード」をプライベート以外で1枚持っておく。
事業に必要な経費は、あくまで「個人」として支払う。
そして帳簿上は「事業主借」で処理する、ということです。

信用金庫に作った事業用口座も同じです。
クレジットカード同様、あくまで個人所有です。
事業を行う「事業体」の帳簿には、口座もカードも出てきません。
>> 個人事業主に営業性個人口座は不要。事業用の個人口座さえあればいい
未払金なんかも一切発生しません。
>> 「簡単仕訳帳」が本当に簡単。定年後独立開業の会計ソフトはこれだ!

個人事業主に法人カードなんていらない

「今の時代、個人事業主も法人カード。起業したばかりでも大丈夫、フリーランス必見!?」なんていう広告は、思いっきりスルーしましょう。

「個人事業主専用クレジットカード」などというものもあります。
確かにカッコいいですが、いりません。

ちなみに、「開業してないから申し込めないだけじゃないの?」というわけではありませんよ。

確かに、社労士としての開業はしていません。
でも昨年にブログを4つ立ち上げて、「ネットビジネス」という副業を始めた私は立派?な個人事業主です。
(「事業ごっこ」とも呼びますが・・・)

昨年度は売上ゼロで、経費倒れの大赤字ですが、それでも大丈夫!
事業を開始したばかりでも、赤字であっても、個人の信用審査だけで通るものもあるらしいです。
しかも、今年度は黒字化できる事業計画まで立っています!
>> 複数ブログ運営で来期黒字化が見えてきた。次は事務所経費が目標です

あくまで計画は計画なのですが、こういう資金調達?のためには多少のハッタリも必要なのですよ。

それでも法人カード、やっぱりいりません。

調べてみると、「仕入」をしない個人事業主には法人カードのメリットはありません

個人事業主が法人カードを持つメリットは、その限度額の高さと、売るために物を購入する「仕入」にも大手を振って使えることです。

この仕入に関しては、個人カードで行っても大丈夫という意見もありますので、ケースバイケースです。
要はカード会社が、「購入が換金目的」と判断するかどうかです。
しかし個人カードが仕入に使えるかなんて、私にとっては何の問題でもありません。
リスクを極端に恐れる「小心者個人事業主」を目指す私は、在庫リスクのある「仕入」なんかは100%するはずがありません。

この程度のメリットと多少のカッコよさのためだけに、高い年会費を払わされる法人カードなどいりません。

さっさと適当な個人所有のクレジットカード、探すとしましょうか。


応援ありがとうございます→ にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

スポンサーリンク

関連記事-こちらもどうぞ

コメント一覧

  1. どらみ より:

    いろいろ準備が整ってきて、この先が楽しみですね♪
    「簡単仕訳帳」私も見てみようと思います!

    • その他登録の社会保険労務士 その他登録の社会保険労務士 より:

      どらみさん。コメントありがとうございます。
      「簡単仕訳帳」は本当に簡単、おすすめです!
      こんなので青色申告65万円控除がOKなら、私でも楽勝です。
      問題は、そこまで収入を得ることなんですけどね(笑)。

  2. どらみ より:

    追伸
    ホント!お問い合わせがめっちゃ強固になってます!w

    • その他登録の社会保険労務士 その他登録の社会保険労務士 より:

      返信が遅くなってゴメンナサイ(__)

      問い合わせは、一切なくなりました!w
      強固過ぎたかな?・・・^^;。

この記事へのコメントはこちら

ご意見、ご指摘などがございましたら、こちらにお寄せください。ただし「その他登録社労士」という立場上、必ず承認・返信するとは限りませんのであらかじめご了承ください。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。コメントを承認しても、メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。