給料もらってサラリーマン(労務) の記事一覧

公開日:2019/03/16    

60歳定年の是非を問う前に。人それぞれの肉体年齢や精神年齢

60歳を前にして・・・駅の階段を上ることがつらくなってきました。 若者のように、駆け上がっているわけではありません。 それなのに最後の数段ともなると、ふくらはぎがパンパンで足が重い。 登りきれば息が切れます。 もちろん、 […]

公開日:2019/01/29    

「自由な働き方」ができる自信はないけれど。定年後の独立開業なら?

働き方改革が進んでいますね。 テレビや新聞雑誌で紹介されるような、うらやましいくらい自由な働き方をしている方が増えています。 そんな会社が、少しずつ少しずつ増えています。 在宅勤務に自由出勤、 働き方の選択制や副業奨励、 […]

公開日:2018/05/09    

みんなのあこがれ万年課長は今でも大人気。年功序列とともに消滅か?

私のこの社労士ブログの中で、ひときわ不人気なのが「労務」カテゴリーです。 どんなに不人気でも、社労士ブログには必須のカテゴリーですから書き続けますよ! などと考えながら大事に大事にしてきましたが、ここで大きな変化がありま […]

公開日:2017/11/21     最終更新日:2018/08/05

ムダな時間を削ることが働き方改革の第一歩。削るときは業務と一緒に

ムダな時間を削って残業削減、労働時間の短縮を図りましょう。 これが、働き方改革の第一歩であることに異論はないでしょう。 でも、ここでいう「ムダな時間」っていったい何でしょうか? ムダな時間といえばふつうは、「働いていない […]

公開日:2017/11/08    

50代の働き方は収穫作業。引き継ぐタイミングを間違えると泣きを見る

前の記事で、50代の会社員はリストラや転職に備えてがんばらなければならない、という話を書きました。 >> 今からでも遅くない。50代のリストラや転職に備えるたった5つの心構え 注意をしなければならないのは確かですが、実際 […]

公開日:2017/11/05    

今からでも遅くない。50代のリストラや転職に備えるたった5つの心構え

「終身雇用は過去のもの」というのは、もう当たり前のようですね。 3大メガバンクが「大規模な構造改革」という名のもと、3万人規模の人員削減に乗り出すという記事を読んで、悲しくなりました。 銀行といえば、過去に合併や吸収を繰 […]

公開日:2017/10/14     最終更新日:2017/10/17

過労死しないために。悲しいですが仕事で手を抜く具体的な三つの方法

「過労死」が減りません。 世間の関心が高まり、法整備も少しずつ進んできたおかげで、肉体的にキツい仕事で、身体がボロボロになることは減ってきています(まだまだありますが)。 しかし精神的に追い込まれて、自ら命を絶ってしまう […]

公開日:2017/10/01     最終更新日:2017/10/23

歳を取ると長時間労働がきつい。短時間正社員制度は50代を救えるか?

歳を取ると、無理がきかなくなります。 普通の就業時間である、8時間労働がキツいのです。 残業なんてしようものなら、翌日、翌々日までダメージが残ります。 でも、ひょっとしたら 8時間労働だけなら大丈夫なのかもしれません。 […]

公開日:2017/09/29     最終更新日:2018/05/09

万年課長への狭き門、夢のようなサラリーマン生活を続けるのは難しい

昔、私は「万年課長」という言葉にあこがれていました。 何か経験があったわけではないのですが、「偉くなる=責任が重い=しんどい」という方程式が、子供だった私にも、なんとなく分かっていた気がします。 「万年ヒラ社員」では、若 […]

公開日:2017/09/23     最終更新日:2017/12/17

寿命が分からないから計算できない。定年まで働く?老後も稼ぐ準備?

最近まで私は、働いて貯めたお金と年金とで、余生をのんびり過ごすことを夢見ていました。 定年まで目いっぱい働いて、出来るだけ稼ぎ、無理をしない範囲でお金を貯める。 そうして貯めたお金を取り崩しながら、年金と合わせて今と同じ […]

1 2

スポンサーリンク

関連記事-こちらもどうぞ