SNSを使わないからSNSボタンもいらない。シェアでの拡散も期待しない

公開日:   最終更新日:2017/12/26

SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)、みなさん使われてますか?

友達や家族への連絡はもちろんサークルや仕事の同僚との事務連絡に LINE。
友達の輪を広げ、また昔の仲間に出会うこともできる Facebook。
日々の情報発信や情報共有、災害情報にも強い Twitter。

活用されている方も多いでしょう。
私の周りでも若者はもちろん、60を超えた年配の方でも仕事に生活に、フル活用されています。

しかし残念ながら、私は全く使っていません。
IDを取得したことも、登録したことも、過去ただの一度もありません。

古くからパソコンを使いはじめ、Niftyのパソコン通信を愛用し、インターネットもいち早く取り入れました。
自分のホームページを始めて開設したのは1998年ですから、もう20年近く前になります。

SNSを使わない、たったひとつの理由

どちらかというと、流行りものに乗っかっていた私がSNSを使わない理由は、たったひとつだけです。

顔の見えない方との文章のやり取りが苦手

家族や会社の同僚とのやり取りは、一字違いのSMS(ショートメールサービス)で十分です。
今はバイト先とのやりとりや学生のサークルの連絡などで、LINEが必須らしいですが、私の世代ではなくても何とかなります。

仕事上、メールのやり取りはもちろんしますが、それで十分です。

SNSは分からないし使えない。だからブログでも使わない

「ブログを運営するなら、SNSは必須!」という記事も目にします。
確かに、SNSでブログを始めたことをアピールしたり、友人に読んでもらったり、またSNSでシェアして拡散したりと、なかなか有用なようです。

私も、Twitter や Facebook くらいは利用しようかと考えた時期もありました。

ただ、ブログを続けるためにSNSを使うというのも今さら気が引けますし、慣れないSNSと格闘すること時間があるのならブログを更新することに使います。

ちなみに、シェアボタンもいりません

念のため、ブログにSNSボタンが付いてなくても大丈夫かどうかも検索してみました。

もちろん、お勧めされてはいませんが、全く問題ありません。

しかし調べていくうちに、別の可能性も出てきました。
それは、SNSのアカウントを持っていなくても、シェアボタンは設置できるということです。

シェアボタン、要は読者が良い記事だと思ったら、そのボタンを押すことで、みんなに知らせてくれるようなものみたいです(まったく分からないので申し訳ありません)。
そういうものなら、設置して損はありません。
もし拡散してくれて読者が増えるなら、単にうれしいですね。

それでも結局、シェアボタンの設置も見送ります。

SNSで拡散されて、そこから訪問者があったとしても、それはそれきりのものです。
長くブログを続けていくためには、良質の記事を書き、検索からの流入を増やし、検索順位を少しずつでも上げていかなければなりません。

長い目で見て、地道にがんばります。


応援ありがとうございます→ にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

スポンサーリンク

関連記事-こちらもどうぞ

コメント一覧

  1. アバター どらみ より:

    はじめまして!
    カテゴリわけで検索してこちらの記事を拝見しました!
    参考にさせていただきます!

    また、SNSに関して同じ意見をお持ちのところに大変共感しましたので、勇気を出してコメントを残させていただきましたw

    そもそも個人の日常を時系列で追うことに、疑問を感じます!
    それに、いちいち反応してる人も人だと・・・(笑)

    これからもブログの更新頑張ってください!
    また読みに来ます!

    ところで、アドセンスのバナーを踏むと同じウィンドウで遷移してしまうものなんですね。
    そうなんだぁと思いました。

    • その他登録の社会保険労務士 その他登録の社会保険労務士 より:

      どらみさん、はじめまして。
      そして、いらっしゃいませ!
      こんなマイナーなページにたどり着くなんて、すごい検索能力ですね!
      私はSNSはおろか、LINEすら使っていません。
      単に面倒くさいだけですが・・・。
      そちらのサイトにも、訪問させていただきます。
      そのときは、よろしく。

この記事へのコメントはこちら

ご意見、ご指摘などがございましたら、こちらにお寄せください。ただし「その他登録社労士」という立場上、必ず承認・返信するとは限りませんのであらかじめご了承ください。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。コメントを承認しても、メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。